1800'S〜1930'sアンティーク十字架クロス

1800'S〜1930'S頃の大変古いアンティーククロスです。
イエスキリストの頭上には後光と、ユダヤの王であるナザレのイエスを意味するINRIの文字が入った罪状書が打ち付けられています。
イエスキリストが処刑されたエルサレムのゴルゴダは髑髏を意味し、髑髏は死を意味します。
その髑髏がイエスキリストの足元にあるという事は死への勝利を意味しています。
この髑髏付きの十字架は第二次世界大戦時にナチスドイツが髑髏マークを使い始めた為、以後十字架に髑髏をつける事はなくなりました。
また、裏側の中央には茨の冠の中で聖母マリアの心臓が剣で貫かれています。
こちらはフランスかイタリアのアンティークです。材質は中央の黒い部分が木製で、その他は真鍮ベースにメッキが施されています。
ここまで大きな物は中々出てきません。
コレクションやネックレストップとしていかがでしょうか。

コンディション★経年により擦れが全体的にございます。

サイズ★縦約14.5㎝ 横約6.3㎝




¥ 5,800

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。
配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • レターパック

    ポスト投函も可能。追跡サービスも利用できます。

    全国一律 510円
  • 定形外郵便

    保障や追跡サービスがないことを予めご了承ください。

    全国一律 205円

※15,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

ショップの評価